アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「奈良」のブログ記事

みんなの「奈良」ブログ

タイトル 日 時
第69回 正倉院展を観に行く 奈良国立博物館
第69回 正倉院展を観に行く 奈良国立博物館 日増しに 秋も深まり・・・みなさんはどうお過ごしでしょうか そんな一日 奈良へ例年通り 正倉院展へ行って来ました  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/02 20:51
第68回正倉院展 奈良国立博物館
第68回正倉院展 奈良国立博物館                第68回正倉院展 平成28年10月22日〜11月7日 奈良国立博物館 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/09 16:51
特別展信貴山縁起絵巻 奈良国立博物館
特別展信貴山縁起絵巻 奈良国立博物館 今年はサミットが日本の賢島で開催されますね  主要国首脳会議ですか・・ ロシアが参加する前は 先進国首脳会議・・・ いつまでも先進国だの主要国だのと考えていたら・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/25 01:56
第67回 正倉院展 奈良国立博物館 おまけ・・・興福寺北円堂
第67回 正倉院展 奈良国立博物館 おまけ・・・興福寺北円堂 戦後70年・・・安全保障関連法案 増税 高齢化・少子化 マイナンバー TPP 格差 年金破綻 不景気・経済危機 政治力低下 そして日本人としての誇りの喪失感 ・・・日本はこれからどこへ行こうとするのか こんな時こそ 温故知新・・・古き良き時代の日本と日本人を探しに行きませんか ということで 1300年前にタイムスリップ・・いや 古きに戻りすぎって・・・仕方ないじゃありませんか 正倉院展ですから・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/05 02:38
奈良坂あたりを散策その4  奈良豆比古神社へ
奈良坂あたりを散策その4  奈良豆比古神社へ さて 前回の般若寺から 先へ進みましょう  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/07 21:00
奈良坂あたりを散策その3  般若寺
奈良坂あたりを散策その3  般若寺 さて 気を取り直して 先へ進みましょう 前回は般若寺手前の般若坂まで ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/01 19:23
奈良坂あたりを散策その2  般若坂
奈良坂あたりを散策その2  般若坂 さて 前回の転害門前から 今回は旧平城京外京東七坊大路(東京極大路 京街道 現国道399号)を北へ向かいます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/02 01:44
奈良坂あたりを散策その1  転害門から
奈良坂あたりを散策その1  転害門から さて 転害門から奈良坂越えの街道については 以前 転害門と奈良坂越え京街道(大和街道)でさらりと触れました あの時は 転害門から一条通り(佐保路)の方へ行きました 今回は京街道へ・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/27 22:46
正倉院へ行こう 奈良散歩
正倉院へ行こう 奈良散歩 前回の正倉院展の流れから 正倉院展を観ながら 正倉院の建物ほうは観たことがないという人が多いので屋根瓦の補修工事が終わって 一般公開を再開した正倉院へ行ってみます                                              以前の正倉院訪問記事へ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/15 21:34
第66回 正倉院展 奈良国立博物館
第66回 正倉院展 奈良国立博物館 こちら 上方は 朝晩冷え込み晩秋の面影が漂いはじめておりますが みなさんの地方ではどうですか 江戸の東京国立博物館では 特別展「台北 國立故宮博物院 神品至宝」 に続き 「日本国宝展」をやっておりますな 京の都 京都国立博物館では 「平成知新館オープン記念展 京へのいざない」11月16日までと特別展覧会「「国宝 鳥獣戯画と高山寺」11月24日までをあわせてやっております とにかく 国宝 重文をドバ〜ッと見せまくりしてくれるわけです 国宝というものは見せてなんぼのもの・・ですのでよいことだとおも... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/10 21:29
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その5
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その5 さて 前回の二階から 一階の探索へ参りましょう  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/15 18:38
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その4
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その4 それでは おさらいをしたところで 前回の続きです  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/12 17:53
志賀直哉旧居  奈良散歩その3
志賀直哉旧居  奈良散歩その3 さてさて 前回に続きです 早速 志賀直哉の旧居跡へ行きましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/11 20:25
鷺池 浮見堂 飛火野から志賀直哉旧居へ  奈良散歩2
鷺池 浮見堂 飛火野から志賀直哉旧居へ  奈良散歩2 さて前回の続きです・・・・今回はあまり 観光客が行かない所ということで 鷺池から 高畑町の志賀直哉旧居まで ぶらぶらと散歩しましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/10 19:35
第65回正倉院展 奈良国立博物館   奈良散歩その1
第65回正倉院展 奈良国立博物館   奈良散歩その1 朝晩 めっきり寒くなって来ました みなさんの地方はどうですか 江戸のほうではオリンピックが2020年ですか・・開催されるとか・・・   東京基準という言葉がありますが( いや〜私が造ったんですが・・) なんでもかんでも東京が良ければ 日本全国すべて良しと思っている風潮があります 東京在住の庶民は致し方ないとしても 政治家や財界人はもとより文化人や芸能人に至るまで 東京の状態がそのまま 日本の状態だと錯覚・・・いや 無理にでも思い込んでいるんですかね・・・・ 日本の地方都市は疲弊して悲鳴を上げてい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/08 17:45
奈良の若草山に登る  奈良散歩その2
奈良の若草山に登る  奈良散歩その2 さてさて 若草山に登る 奈良散歩の続きです 春日山遊歩道をトコトコ歩いて(登るというよりは 歩くというほうがいい)頂上まですぐそこまできましたが その前に・・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/18 18:12
奈良の若草山に登る  奈良散歩その1
奈良の若草山に登る  奈良散歩その1 奈博で當麻曼荼羅を観た後 前回の奈良散歩で若草山に登らなかったので 今回は登ってみましょうか・・・っていうか 今回は家人が一緒じゃないので 私は自由に行動が出来るのですよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/16 19:51
特別展「當麻寺 極楽浄土へのあこがれ」 奈良国立博物館
特別展「當麻寺 極楽浄土へのあこがれ」 奈良国立博物館 こちら上方では 某国からのミサイルが飛んでくるとかで 空ばかりみていると なんと地面が揺れるという事態が・・・ いや〜 もう何が起こってもおかしくはないですね こんな世とはおさらばして 極楽浄土へ行こうか・・・なんて・・・ということで 奈博へ 當麻寺の至宝 「根本曼荼羅」を観に行きました ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/04/15 21:12
二月堂あたりをぶらぶら 奈良散歩おまけ  
二月堂あたりをぶらぶら     奈良散歩おまけ   さて 東大寺ミュージアムを後にして 天気がいいので さらにぶらぶらしてみます ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2012/11/12 21:15
東大寺ミュージアム 奈良散歩その3
東大寺ミュージアム   奈良散歩その3 さてさて 春日大社へぶらぶら  奈良散歩その2 の続きです 東大寺へ向かいます  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/09 11:51
春日大社へぶらぶら  奈良散歩その2
春日大社へぶらぶら  奈良散歩その2 奈博で正倉院展を観た後 ぶらぶらと散歩しますぜ 行くあてはあるのですが 久しぶりなので春日大社へ少しだけ顔を出しておきましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/06 21:59
第64回正倉院展 奈良国立博物館   奈良散歩その1
第64回正倉院展 奈良国立博物館   奈良散歩その1 こちら 上方は穏やかな気候が続いております 時折降る雨ごとに気温が下がって来ています もうまもなく冬の到来ですな みなさんの地方は どうですか ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/05 14:05
最近の話題から  ミシュランガイドなんかいらない・・・とか 奈良のうまいもの・・とか
最近の話題から  ミシュランガイドなんかいらない・・・とか 奈良のうまいもの・・とか リビアのアル・ カダフィが死んだとか ギリシャがもう大変なことになって・・・いや 以前から大変なんだが・・・日本も 他国のことを心配している余裕なんかないですよね  みなさんの地方では 暴動や内戦は起こってないですか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/21 22:34
奈良 興福寺あたりを歩く
奈良 興福寺あたりを歩く とりあえず 「特別展 天竺へ〜三蔵法師3万キロの旅 奈良国立博物館」 の続きです  とんでもない暑さの中 奈良に行き 奈博で特別展を観たあと もうJR奈良駅まで帰る気力がなく すぐ近くの近鉄奈良から帰ることにして ひとまず興福寺境内を近鉄まで歩くことにしました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/16 14:51
特別展 天竺へ〜三蔵法師3万キロの旅 奈良国立博物館
特別展 天竺へ〜三蔵法師3万キロの旅 奈良国立博物館 奈良国立博物館へ 特別展 天竺へ〜三蔵法師3万キロの旅を観に行ってきました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/11 17:48
天武・持統天皇陵 欽明天皇陵 そして 見瀬丸山古墳 明日香村散策その4
天武・持統天皇陵 欽明天皇陵 そして 見瀬丸山古墳 明日香村散策その4 高松塚の国宝壁画を見学ついでに 久ぶりの明日香の里を中尾山古墳 高松塚古墳 文武天皇陵とめぐりました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/16 17:29
中尾山古墳 高松塚古墳 文武陵を観に行く 明日香村散策その3へ
中尾山古墳 高松塚古墳 文武陵を観に行く 明日香村散策その3へ  さて 前回のつづきです  壁画を観たので ついでですから 飛鳥歴史公園内に点在する 中尾山古墳 高松塚古墳 文武陵の3つの古墳を観てまわります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/09 11:53
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その2
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その2 さて 前回の続きです   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/05 17:29
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その1
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その1 高松塚古墳壁画一般公開ということで  奈良の明日香村へ飛鳥美人を観に行きました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/04 17:11
牽牛子塚古墳 斉明天皇陵に確定?
牽牛子塚古墳  斉明天皇陵に確定? 奈良県明日香村の牽牛子塚古墳で 墳丘を八角形に囲む凝灰岩の石敷きが発掘され 八角形墳と確認された  八角形の墳丘は飛鳥時代の天皇陵の特徴で 天智、天武両天皇の母の斉明天皇が被葬者であることが確定的となった  (9日付) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/14 09:57
桜井茶臼山古墳 「丸太垣」発見
桜井茶臼山古墳  「丸太垣」発見 奈良県桜井市の桜井茶臼山古墳(前方後円墳全長約200m 3世紀末〜4世紀初め?)で 被葬者を納めた竪穴式石室を方形に囲んだ柱穴列が見つかった 死者の魂と外界を区別する結界施設「玉垣跡」とみられ 「玉垣跡」が古墳で見つかったのは全国で初めてのこと   (12日付)   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/14 15:25
箸墓古墳の謎 卑弥呼の墓ってホント?
箸墓古墳の謎 卑弥呼の墓ってホント? 奈良県の桜井市にある箸墓古墳・箸中山古墳(一応前方後円墳 全長約280m)で 古墳の周囲から出土した土器(布留0式)の放射性炭素年代測定分析の結果ですね 箸墓古墳は240〜260年頃に造られたんだよ との研究成果を国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の研究チームが31日に早稲田大学で開かれた日本考古学協会で発表した  (1日付) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/07 04:37
東大寺修二会〜「青衣女人」の正体
東大寺修二会〜「青衣女人」の正体 東大寺二月堂の修二会(お水取り)が終わると 上方では寒さが和らぎ 春のような陽気が・・・といいますが このところ寒くなったり 暖くなったりと気温の変化が激しいです 櫻はまだ・・・ですね  みなさんのところはどうですか・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/29 16:29
奈良 新薬師寺の金堂遺構を発見
奈良 新薬師寺の金堂遺構を発見 奈良教育大学の構内で奈良時代(8世紀ごろ)の新薬師寺の金堂とみられる大型の建物の基壇(土台)跡(東西54m 南北27m)が見つかった 興福寺の中金堂より大きく 現東大寺大仏殿に匹敵するという (23日付) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/25 23:12
五木寛之 「百寺巡礼」を第1巻だけ読む
五木寛之 「百寺巡礼」を第1巻だけ読む すこし前にテレビ朝日(関東地方のみ)・BS朝日で放送していた番組「五木寛之の百寺巡礼」 これまでこの番組に合わせて ビジュアル版の単行本やDVDなどが発売されていましたが 今回 文庫版が出たということで さっそく蔦屋で第1巻(奈良)を買ってきてザーッと読みました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/10/21 00:48
最古の万葉歌の木簡 石神遺跡
最古の万葉歌の木簡 石神遺跡 奈良文化財研究所飛鳥藤原宮跡発掘調査部によると 奈良県明日香村の石神遺跡で2003年に出土した7世紀後半の木簡に 万葉集に収められている和歌が 万葉仮名で刻まれていたことがわかった 2008年5月に発表された 滋賀県甲賀市の紫香楽宮跡で見つかった万葉集編纂とほぼ同時期(760〜800)の万葉歌を記した木簡よりさらに60〜70年さかのぼる 現最古の木簡になるという  飛鳥時代に万葉歌が詠まれていたこと?を示す物証となり 歌集がどのように成立したかを考えるうえで 画期的な発見となる         ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/18 23:05
第60回 正倉院展 見どころ
第60回 正倉院展 見どころ 今年も 奈良国立博物館で 恒例?の正倉院展が開かれます 1946年から毎年公開されて ちょうど60回(年? )ということで 今回は今上天皇も御覧になられるということです(もちろん一般にではなく 最終日に閉館してかららしい) 今回の見どころはどれか・・・やはり「白瑠璃碗」でしょう   ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2008/10/12 23:26
西国三十三所 観音霊場の祈りと美   奈博
西国三十三所 観音霊場の祈りと美   奈博 奈良の奈博(というのも変だけど・・・)で特別展「西国三十三所 観音霊場の祈りと美 」を観に行った スケジュールの都合で奈良の滞在時間1時間30分・・・・ 興福寺門前で食事を済ませて さあ 急げ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/31 01:06
柳生街道 その10 阪原峠を越えていよいよ柳生へ
柳生街道 その10 阪原峠を越えていよいよ柳生へ 柳生街道のつづきです いよいよ柳生街道歩きも大詰めをむかえました 道は阪原の集落に入りました 南明寺の先で 柳生街道(里道)は二手に分かれます ひとつは すこし回り道だけれど 山と山の谷間を抜けて柳生の家老屋敷付近に出る道で 今の国道369号線  もうひとつは 近道ですが もうひとふんばりして 阪原峠を越えて 柳生藩陣屋付近に出る峠道です 東海自然歩道はこの道を採ります  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/01 01:20
柳生街道 その9 夜支布山口神社〜大柳生の里
柳生街道 その9 夜支布山口神社〜大柳生の里 柳生街道のつづきです ようやく 夜支布山口神社に着きました 夜支布山口神社の夜支布は「やぎふ」と読むので もちろん「やぎゅう」ということで このあたり大柳生の氏神社です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/26 23:58
柳生街道 その8 大柳生 夜支布山口神社へ
柳生街道 その8 大柳生 夜支布山口神社へ 「柳生街道」のつづきです 円成寺でひと休みして さあ 出発です あれほど天気がよかったのに 雲が出てきて何やら不穏な成り行きです・・・ 早く先を急ぎましょう ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/21 23:01
柳生街道 その7 円成寺〜大柳生夜支布山口神社へ
柳生街道 その7 円成寺〜大柳生夜支布山口神社へ 「柳生街道」の続きです 奈良町を出発して2時間半 ようやく忍辱山円成寺に着きました  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/18 21:17
柳生街道 その6 忍辱山円成寺へ
柳生街道 その6 忍辱山円成寺へ 「柳生街道」のつづきです 石切峠をすぎて 峠の茶屋でひと休み 滝坂道とさよならしてここから 円成寺へ向かいます この峠の茶屋は 昔は宿屋だったということです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/17 22:13
柳生街道 その5 滝坂道〜石切峠
柳生街道 その5 滝坂道〜石切峠 「柳生街道」のつづきです 滝坂道を喘ぎながら登りつめると 杉の大木がある すこし開けた場所に出ます ここにはトイレと休憩所がありますので ひと休みいたします ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/15 00:11
柳生街道 その4 滝坂の道
柳生街道 その4 滝坂の道 「柳生街道」のつづきです  柳生から奈良 あるいは奈良から柳生へは古来よりいくつかのルートがありました この滝坂道もそのひとつです 現在 東海自然歩道になっている 滝坂道は 円成寺や大柳生の里へ行くには 近道ですが もともとは 南都の僧たちの修行場をめぐる道でした したがって春日山山中にある忍辱山や大柳生への滝坂ルートは 生活道路としてはあまりいい道とはいえません  そこで奈良から柳生(笠置)への一般的な道としては 後に月ヶ瀬街道と呼ばれるようになった道か かなり遠回りだけれど 比較的安全で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/14 00:17
柳生街道 その3 滝坂の道
柳生街道 その3 滝坂の道 「柳生街道」のつづきです 一体いつになったら 「柳生街道」を歩くんじゃ〜とお叱りの言葉が聞こえそうですが  元気なうちは まだもう少し 寄り道させてください ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/11 00:58
柳生街道 その2 滝坂の道
柳生街道 その2 滝坂の道 「柳生街道」歩きのつづきです  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/10 00:51
柳生街道 その1 滝坂の道
柳生街道 その1 滝坂の道 これまで 「柳生街道」?と呼ばれている 旧道を通して歩いたことがなかったので 今回は最後まで歩いてみます 旧道にこだわる私としては 通称「柳生街道」は どこを起点にすればいいのか・・・・わかりません 学術的に「柳生街道」を考察した資料がみあたらない?ので・・ というのか「柳生街道」という一連の起点と終点を持つ街道筋があったのでしょうか・・・・ しかたがないので 図書館で何冊かのガイドブックを見ました 大体 春日山のふもと 高畑町のバス停「破石町」あたりとしているものが多く その他は 春日大社や ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/09 00:44
蘇我氏邸宅跡 甘樫丘東麓
蘇我氏邸宅跡 甘樫丘東麓 後 半年ほどに迫った 北京五輪(8月8日〜24日)ですが 無事に開催されるのでしょうか・・・・ 開会式をフランスのサルコジ大統領が「ボイコットするかもしんねーぜ」と言ったとか言わないとかのニュースが入って来ました 日本はどうすんでしょーね アメリカの後追いですか・・・ね ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/31 18:41
五社神古墳(伝神功皇后陵)立ち入り調査
五社神古墳(伝神功皇后陵)立ち入り調査 奈良市にある宮内庁が管理する五社神古墳(伝神功皇后陵 狭城楯列池上陵 4世紀末〜5世紀初め 全長約275m 前方後円墳)で22日 日本考古学協会ら考古学・歴史学関係の16学会の代表が立ち入り調査をした   (23日付) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/23 12:36
真弓鑵子塚古墳  国内最大級の石室
朝 少しゆっくりと起きて 外を見ると 驚きましたね 雪が積もっています しかも 雪は降りやまず まだまだ積もりそうです 上方で雪が これほど積もることは滅多にないので  外に出かけていた 子供たちが大はしゃぎで帰ってきました・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/09 16:45
室生古道散歩 室生寺〜大野寺
室生古道散歩のつづきです 室生寺をあとにして 今度は大野寺へ向かいます  室生川沿いに道がありこれを行くとそのまま大野寺の方に出られますが これはバスが通る道で歩くのは不向きです したがって もう一度 門前の室生川の橋を渡り 民家の間を通り 門森峠を越える山道を歩きます この道は 整備されていて東海道自然歩道の一部になっています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/05 01:44
藤原宮跡で地鎮具出土
奈良の藤原京(694〜710)の藤原宮南門跡横で 富本銭9枚と水晶9本を納めた須恵器の平瓶(ひらか)(高さ13.8cm最大径20.3cm) が見つかった 中国の陰陽思想では「9」はめでたい数字で 奈良文化財研究所によると 藤原宮造営の際に都の平安や政権の安定を願って埋めた?地鎮具とみられる 宮殿跡で確認されたものとしては最古だそうです 「藤原の宮地を鎮め祭らしむ」の692年の日本書紀の記述を裏付ける画期的な資料で 律令国家が行った地鎮祭の実態を知るうえで貴重な手がかりとなるそうです... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/30 19:36
正倉院展  奈良国立博物館
第59回正倉院展に行ってきました この日は午後から野暮用があり午前中に奈良に行って すぐに帰ってこないといけなくなり あわただしく奈良に向いました 近鉄奈良駅をでると 雲ひとつない青空  奈良国立博物館に急ぎ歩きはじめます ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/11/04 11:59
ふらふら探訪記 番外編 横大路〜中街道
耳成山を降りて JR畝傍駅まで旧街道を歩きます 耳成山公園でひと休み 木陰のベンチにすわり 古池を観ながら ここですこし遅いお弁当を食べます  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/09 10:38
大和三山 ふらふら探訪記 耳成山
藤原宮跡でひと休み 木陰で 風が心地よい もうひとふんばりして 耳成山へ  藤原宮跡からは 目の前に見えています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/06 22:29
大和三山 ふらふら探訪記 藤原宮跡
陽が二上山に落ちようとしていた 鸕野讚良は数多くの供回りを連れ 飛鳥宮を出て香久山に登った 香久山の頂上には 敷き台が置かれ 鸕野讚良はゆっくりと席に着く あたりは 木々が切り払われていたが 陽が沈み 暗くなっていた やがて 前方の 黒く影になっている畝傍山の頂上に火が点いた それを合図に 耳成山の頂上にも火が点き それと同時に 藤原の宮地に 幾百 幾千という松明が輝き 人々の歓声と楽器が鸕野讚良のもとにも聞こえた・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/05 01:15
大和三山 ふらふら探訪記  天香山神社〜 藤原宮跡
香久山の頂上から北側に下ると 少し視界が開けて 大和平野の奥にふたかみ山が見えます やがて 右側に 天香久山神社です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/01 19:56
大和三山 ふらふら探訪記  香久山
誰もいない 南浦の集落の細い道を 香久山への登山口に向かって歩いています   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/30 23:05
大和三山 ふらふら探訪記 紀寺跡〜天岩戸神社
さて 寄り道はこれくらいに 先を急ぎます 朱雀大路跡をたどるように 日高山を越えて 小山の集落へ もう少し この日高山が大きいと 大和四山になっていた!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/30 02:13
大和三山 ふらふら探訪記 本薬師寺跡〜藤原京朱雀大路跡
伝神武陵をあとにして 次なる山 香久山へと向かいます 本日の奈良盆地の最高気温予想 36度・・・・・・・・・・・・ 畝傍御陵前駅の踏み切りを渡り 陽射しが暑いが のどかな一本道を 香久山を前方に見ながら ふらふら歩きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/28 01:21
大和三山 ふらふら探訪記 畝火山口神社〜伝神武陵
畝傍山頂上でひと休みして 再び登山道を戻り 畝火山口神社の方へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/27 00:26
大和三山 ふらふら探訪記 橿原神宮〜畝傍山
近鉄橿原神宮前駅に降りて 神宮の鳥居に向かって歩きだす まずは 畝傍山  神宮境内を抜けて登山口へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/26 14:26
古代官道 下つ道(下津道) 側溝出土
平城京跡の三条大路と朱雀大路の交差点付近を  橿研が発掘調査してたんだけど 平城京建設以前からあった 下つ道の東側溝らしき溝を見つけた その溝から7世紀初めの土器(壷のふた)がでてきた(1日ニュース) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/03 20:22
奈良文化財研究所 飛鳥資料館  Webテレビ
奈良文化財研究所 飛鳥資料館の 公式ホームページで  飛鳥資料館オリジナルのWebテレビドラマ(3作品)を公開しています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/05 19:00
平城京 十条大路は南九条大路?
奈良 大和郡山市の下三橋遺跡で 十条大路らしき道路遺構が 見つかったと 大和郡山市教育委員会と元興寺文化財研究所が 発表した(6月13日付)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/17 20:42
大極殿2   奈良逍遥 その12
    復元される 第一次大極殿は 740年に 大養徳恭仁大宮に遷都された折 建物から 土台の礎石にいたるまで? 持ち去られたのですが再び 平城京に戻ってきたときは ここではなく 東よりの場所に 朝堂院ともども移され ここには 二度と大極殿は作られませんでした ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/28 13:37
大極殿  奈良逍遥 その11
           すでに 遠くから 目には入っていたのですが ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/28 12:50
平城宮   奈良逍遥 その10
さて 法華寺の 裏から(?)細い路地を抜けて  しばらく行くと 急に 視界が開けてきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/27 18:33
法華寺 周辺   奈良逍遥 その9
12月に入り さすが 師走 忙しいです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/13 00:30
佐保路をゆく   奈良逍遥 その8
転害門からまっすぐ 法華寺までのびる 一条通り ほぼ平城京の 一条大路と 重なります(道幅は狭くなっています)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/30 19:40
転害門と奈良坂越え京街道(大和街道)   奈良逍遥 その7
広大な東大寺の境内 その西の端  平城京の一条大路が 突き当たる所に 奈良時代の創建当時の姿のまま(といっても 修復は 何回かやってますが) 残っているのが 転害門 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/28 21:14
正倉院から転害門へ   奈良逍遥 その6
大仏殿の裏から 正倉院へ抜ける道へ まだ 早いのと 今日は公開日でないので 人がいません   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/25 11:07
東大寺から正倉院  奈良逍遥 その5
朝の落ち着いた時間 古い民家の路地を抜けて 東大寺 門前に さすがに ここは 朝 早い時間にもかかわらず 少しざわついています ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/24 18:20
奈良博から 東大寺  奈良逍遥 その4
興福寺の境内を抜けて 少し進むと なんか すごい人だかり 奈良国立博物館で開催中(11/12まで)の「正倉院展」に並ぶ人々でした ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/16 19:44
猿沢池から奈良公園  奈良逍遥 その3
  興福寺の五重塔が見えてきました   朝の光にきらめく 猿沢池  しかし よくみると水濁ってますね   朝早いし 寒くなってきたから 亀もいない  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/14 20:47
奈良に着きました  南都逍遥 その2
   すこしヒャとする 朝の空気の中 JR奈良に着きました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/10 21:21
奈良に行くぞー  南都逍遥 その1
日頃の運動不足もあって 久しぶりに奈良に行こうかと 思い立ちました  上方に住んでいて 何がよかったかというと 京都や奈良や神戸が近くにあるし 少し足を伸ばせば 熊野や丹波 伊勢が・・・・ うれしいですね  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/06 21:24
歌姫街道・暗越奈良街道(大坂往還)のこと
歌姫街道はその名の通り 綺麗な街道ですよ 私がほぼ全ルートを自転車で走破したのは37年前の 中学生の頃です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/03 11:32
歌姫街道のこと
奈良の平城ニュータウンの建設で 消滅してしまった 歌姫街道の一部が ニュータウン内の新道の脇に遊歩道の形で 残っているのではと指摘されたのですが 現地に行って確認して いないので なんともいえません   確かに地図や 航空写真を見るとならやま大通りから皿池の間の ニュータウン内に 旧歌姫街道らしき痕跡があります ぜひ近いうちに現地にいってみたいですね ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/30 23:59
高松塚古墳  永遠に
高松塚古墳が大変なことになっていますね 1972年3月21日に網干教授(当時助教授)たちの歴史的発見から34年 1300年もの間 しずかに眠っていたのに たった 34年でボロボロ 2007年3月には 石室解体だって・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2006/09/16 11:32
唐招提寺 西の京
解体修理中の奈良市の唐招提寺・金堂(国宝)の正面扉から  8世紀後半の創建当初のものとみられる極彩色の花の文様が鮮やかに残されているのが見つかった  当時 扉の全面に花などを図案化した2種類の文様が交互に描かれていたことも判明 古代建築で扉の外側に彩色文様が描かれた例はなく  1200年以上前のきらびやかな天平建築を知る成果として注目される (25日付ニュース)   唐招提寺は 天平宝字3年(759年) 唐僧 鑑真のために 平城京 右京五条二坊に土地をあたえられて 律宗の道場として創建... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/25 12:57
邪馬台国 その2
さて 邪馬台国ですが・・・・よくわかりません  5世紀以降の日本史ならなんとか意見もできるのですが 邪馬台国って 正直いってすべてが胡散臭いじゃないですか ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/23 20:06
邪馬台国 その1
畿内大和か 九州か 日本古代史上 最大のミステリーとされる邪馬台国の所在地は 江戸時代以来 二百数十年にわたる論争が続いてきたが 最近の発掘調査で 大和説を裏付ける有力な“証拠”が近畿や瀬戸内東部で次々に現れている  邪馬台国が存在した時期(3世紀前半〜半ば)の〈前方後円墳〉だ その中心は この時期最大のホケノ山古墳(奈良県桜井市、全長80メートル)一帯  この時代 大和とこれらの地域との間に強い結びつきがあったことが明らかになりつつあり 論争は新たな局面を迎えている (22日付 ニュース)... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/23 18:13

トップへ | みんなの「奈良」ブログ

亀も飼いました 亀吉と亀子です 画面をクリックしてエサをあげて下さい

なぎさ 奈良のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる