東高野街道 洞ヶ峠を歩く

八幡の方から 歩いてくると吉井のバス停をこえたあたりに 道標があります
奈良道との分岐ですが ちょうど道が 三叉路になっています
 東高野街道を歩く多くの人が右側の 円福寺門前を通る道が高野道だと思っているようですが ここからは旧高野道は住宅の中に消滅しています画像
 再び 高野道が現れるのは 住宅街の奥 家と家の間に細い道が残っています その間 NTTの中継施設の横(通行困難ですが)をぬけると 竹藪の中にわずかながら 地道がありますが それもすぐに 府道の建設で消滅しています 
それ以前は 福禄谷の墓地と トヨタカローラの間まで地道が残っていたのですが・・・ 
 河内長野までの東高野街道のうち地道が残っているのは ここと 星田(写真) 東阪田のごく一部だけです
洞ヶ峠頂部の古道はまったく消滅しています つぎに痕跡があるのは 高野道町の大阪ガス整圧器室のある脇道の跡だけです

実際 洞ヶ峠に行けばわかるとおもいますが ここから 山崎あたりを眺めることは出来ません
もう少し京か大坂寄りに峠をくだらないと無理ですね 筒井順慶の間者がこのあたりまで来て天下の趨勢を報告したのでしょうか 

高野道としては この洞ヶ峠を通るルートは 支線だったみたいですね 出屋敷のあたりで 不自然に道が曲がっていますからね 
私が思うに  本来は 出屋敷からまっすぐに 日置天神社の前を通り 葛葉から 橋本で山崎大橋を渡り 山陽道につながっていたとおもわれます 
 もちろん 洞ヶ峠の道も古くから高野道とよばれていたはずです 高野山に行く道は すべて高野道だったわけですから

歴史の道調査報告書集成1 近畿の歴史の道  海路書院
各都府県の教育委員会が旧街道について個別に書いたものを 都府県ごとにまとめたもの(京都と広島がないですね) よく調べてありますが 誤字 勘違いがあります 旧道のルートも 明治時代の測量地図をもとにしていますので おいおい違うだろうってこともあります  値段が高いので 図書館で借りてください 


過去ログ