なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS Panasonic(パナソニックミュージアム)に桜を観に行く

<<   作成日時 : 2018/03/30 15:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて 今年も桜が咲く季節がやってきました あと何回 この桜を観ることが出来るのでしょうか・・・みなさんのところも咲いておりますか・・・ということで 天気が良いので 桜を観に 今年で 創業100年を迎える Panasonicのパナソニックミュージアムへ行って見ましょう


画像

今年はこちら上方の桜の開花が早かった 4月を待たずに3月末には満開となりましたが これも温暖化の影響なんでしょうか 京阪西三荘駅を降りると Panasonicの建物群と共に満開の桜が目に飛び込んできます



画像

道なりに少し行くと 今年2018年3月9日にオープンしたばかりのパナソニックミュージアム(松下幸之助歴史館 ものづくりイズム館)の入り口があります もちろん ここはPanasonicの社員 関係者などは必ず参るべき聖地です・・よね? 



画像

Panasonic(パナソニック)は言うまでもなく松下幸之助(1894〜1989)が創業した松下電器産業が2008年に社名変更した訳ですが 我々上方人にとっては 「ナショナル」ブランドが馴染みありますね 今や売上高7兆円を超える世界屈指の家電メーカーとなりました ということで 幸之助氏の銅像が迎えてくれます 

画像

                       松下幸之助歴史館 入り口

パナソニックミュージアムのうちこの松下幸之助歴史館は今回旧松下電器歴史館(現ものづくりイズム館)の隣に新築されたもので この辺りは1933年に建てられた松下の第3次本社のあった場所(現在もここが本社所在地登録・・つまり門真市・・となっている 現在の本社ビルは守口市にある)で 旧松下電器歴史館と同じ 当時の第3次本社建物を再現した造りになっている 

画像

                            松下幸之助

松下幸之助歴史館は 今回 最新技術を用いて新築 松下幸之助の生い立ちから 経営観 人生観を知ることが出来るということです 私は随分昔に・・中学生だったか・・松下幸之助の講演を聞いたことがありますが その当時はどんな人がよくわかりませんでした 後 色々と松下幸之助に関する本など読みました 凄い人ではありますが 欠点も数多く持ち合わせた 人間味のある人物のような気がします


画像


画像

  松下の礎を築いた 幸之助発案の二股ソケットも展示 この二股ソケット発案に至る経緯は もはや伝説?(笑)になっていますね


画像

               幸之助の奥さん むめのさんも働いております

画像

Panasonicは1918年に松下電気器具製作所として誕生 1935年に事業を改組して松下電器産業となりました 2008年には 中国や韓国などのメーカーとの世界市場での生き残りをかけて社名変更 家電以外の業態へも参入しておりますな

画像

                   松下幸之助の出した著作物



画像

さてさて 次に ものづくりイズム館へ行きましょう ここは もともと1968年にオープンした松下電器歴史館でした 私も 40数年前に訪れたことがありますが 今回 ものづくりイズム館としてリニューアルオープンしました 外観は第3次本社建物を再現しています つまり 新築の松下幸之助歴史館と並んで 同じ第3次本社建物が復元されています


画像

松下電器の製品が年代別 種類別に展示 1953年にテレビの本放送が始まりましたが 松下は1952年にナショナルテレビの一号機を販売 当時の価格で29万円でしたが なんとその6年後の我が家には 新しもの好きな父が奮発して買った14型のナショナルテレビがありました ここには 家電製品の初代機など約550点を展示しております 


画像


画像

       館内は 40数年前とは 全く変わっております(当たり前ですが・・・笑)

画像

こんなところに 1970年の大阪万博の記念にと 松下電器と毎日新聞の共同で 大阪城公園に埋た タイムカプセルがありました もちろんこれはレプリカですが 当時は話題になり 小学校や中学校でタイムカプセルが流行りましたね この何とも言い難い形をしたカプセルの中に当時の文化遺産?2098点が収まっております カプセルは2個あり 一個は毎世紀初頭に もう一個は5000年後の6970年に開けるという どうでもいいけど 5000年後に Panasonicは存在しているのか?


画像

ということで 本日のメイン 桜を観に行きましょう パナソニックミュージアムに 本社ビルへ続く道を挟んで隣接しているさくら広場へ・・・


画像


画像


画像


画像


画像

さくら広場は 旧本社跡地を 環境や地域のために有効活用したいという思いからスタート 総面積16,200平方メートル ソメイヨシノ190本を植えています ということです 大企業の敷地ということでしょうか 晴天の満開の桜であるにもかかわらず 人出は少なかったですね それをいい事にして 私はしばし桜の下で 静かに午後のひと時を過ごさせていただきました


画像



                                       ということで   おしまい
                         



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Panasonic(パナソニックミュージアム)に桜を観に行く なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる