テーマ:科学

最近の話題から 人類は新惑星へ行けるか・・

ハーバード・スミソニアン天体物理学センターなどの研究チームは 地球から約39光年離れた太陽系外の宇宙で 大気や水が存在する可能性がある惑星(LHS1140b)を新たに見つけ たと発表した (4月20日付)         主星の赤色矮星の周りを公転する太陽系外惑星「LHS1140b」のイメージ画  CfA …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の話題から 重力波とか 映画とか・・アカデミー賞

アインシュタインが100年前に予言した「重力波」を米国(全米科学財団(NSF)の観測施設LIGOがついにとらえた (12日付)                 アメリカ ワシントン州ハンフォードの重力波検出装置 LIGO  今年は あのアインシュタインが重力波を予言(1916年 一般相対性理論) してちょうど100年目と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近の話題から・・その後どうなった・・STAP細胞とか無人の別荘から深夜に119番とかひらパー兄さん

段々と季節がなっ!! になってきておりますな みなさんの地方はどうですか さて 気になる話題?のその後を・・・ STAP細胞 以前 記事を書かせてもらいましたが その後の予想外の展開に 理系男子ではない私には なにが何やらわかりません 報道などによると 理化学研究所はSTAP細胞の発表論文(論文そのものは2部構成)には 部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三角縁神獣鏡 魔鏡 STAP細胞やら月面に謎の巨大物体とか最近の話題から 

京都国立博物館は 三角縁神獣鏡の鏡面の部分に光(太陽など)をあてると その反射光に鏡の背面の文様が投影されることを初めて確認した と発表した 鏡面の微妙な凹凸によって像が結ばれる「魔鏡」と同じ原理で 最新技術の3Dプリンターで精巧なレプリカを作って実験した 古代の鏡は祭器とされながら 具体的な使用法などは分かっておらず 「その役目を考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒッグス粒子」を99.98%の確率で見~つけた  見つかっちゃっ・・た ?

世界的な素粒子物理の研究機関である欧州合同原子核研究機関(CERN)で 東京大学や高エネルギー加速器研究機構など日本の15機関も参加する「ATLAS」実験グループと 欧米を中心とする「CMS」実験グループが13日 宇宙の物質を構成する素粒子に質量を与える「ヒッグス粒子」(Higgs Boson)を99.98%の確率で見つけたと発表した …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の話題から  光よりも速いニュートリノ? 

ここ上方はすっかり 秋の気配に満ちております  もう少しすると 山々はもみじの季節になろうかと・・・まだ早い?・・・みなさんの地方はどうでしょうか  そんな折 もう破綻寸前の日本列島に驚くべきニュースが・・・・ 欧州原子核研究機構(CERN)のOPERA(Oscillation Project with Emulsion-tR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPS細胞とか

京都大学の斎藤通紀教授と林克彦講師らのチームは マウスのiPS細胞 ES細胞それぞれの万能細胞から精子をつくり出し その精子を使って受精、出産にも成功した  (5日付) 京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞を作り出すための基盤となる技術(皮膚の細胞に3種類から4種類の特定の遺伝子を入れるなどしてiPS細胞を作りだすもの) 京…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近の話題から  火星に水?

暑い日々が続いておりますが みなさんの地方ではどうですか  今年も台風は大型化する傾向が強いということで みなさん 気を付けてください さて 火星の話題です  米航空宇宙局(NASA)の探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」が撮影した火星地表面の画像に 春から夏にだけ現れる「筋」のようなものが写っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムトラベルは不可能!?  

「どんな物体も光の速度を超えることはできない」とのアルバート・アインシュタイン(1879~1955)の理論に 光の粒子である「光子1個」が従っていることを証明したと 香港科技大学の物理学者(研究チーム)たちが発表した (25日付) つまり タイムトラベル(時間旅行)は 理論上 やっぱり無理だんべ・・・ということらしいが 光の粒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル化学賞 受賞が決定

2010年のノーベル化学賞を鈴木章・北海道大名誉教授 根岸英一・米パデュー大特別教授 リチャード・F・ヘック・デラウェア大学名誉教授の3人が受賞した  (6日付)                        根岸英一(1935~)    鈴木章(1930~) いや 一時は 京大の北川先生(多孔性金属と有機物の複合物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の話題から 木星の縞やら 本物の心霊写真のその後など

仕事が入り GWに休めなかった分 遅めの休みをいただきました 仕事が入ったといっても 留守番兼資料整理みたいなもんでしたが・・・・  そこで この私の休みにあわせて 筋金入りの恐妻家の仲間たちに声をかけ どこか山奥の秘湯(出来れば 昔よく行った十津川温泉とか奥津温泉なんかがいいな~ 秘湯じゃないけど・・)に行こうと声をかけたのだが 「と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最近の話題から ベテルギウスが大爆発とか  

上方では 桜の蕾がほころび始めているというのに 今 外では冷たい風が吹き 雹が降っています 一体どうなっているのでしょうか・・・みなさんの各地方ではどうでしょうか 最近の新聞に 「オリオン座の1等星(Orion α)ベテルギウス Betelgeuseで 超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されている」という記事が載っていまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

またまた 桜井茶臼山古墳の話題とか ヒミコの事とか

大量の鏡の破片(153個)が出土した桜井茶臼山古墳 出土品の中に 中国の年号「正始元年」(240年)と刻まれた鏡と同じ鋳型製の鏡片も含まれていた   (8日付)                     銅鏡の破片    橿原考古学研究所 昨年に続いて 桜井茶臼山古墳の話題です 現在 この古墳は発掘調査中とのことで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

死にゆく恒星 バタフライ星雲 ハッブル望遠鏡フル稼働

アメリカ航空宇宙局(NASA)は9日 ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた 死にゆく恒星が膨張し ガスを放出することで形成される 巨大なチョウの羽を広げたように美しく輝く姿の さそり座にある惑星状星雲の画像を公開した (10日付)                       NGC6302            NASA  …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

水星 NASAの最新画像

2004年8月に打ち上げた アメリカ(NASA ジョンホプキンス大学応用物理学研究所 カーネギー研究所)の金星・水星探査機メッセンジャー(MESSENGER)が水星の最新画像を送ってきたという 2008年10月6日に200kmまで近づき(2回目の再接近 一度目は2008年1月15日200km 次は2009年9月30日200Km)数百枚の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小林・益川理論 やっと ノーベル賞受賞

小林 誠(1944~)高エネルギー加速器研究機構(KEK)名誉教授と益川敏英(1940~)京都産業大学理学部教授が1973年に発表した論文「小林・益川理論」により2008年度ノーベル物理学賞を受賞した (7日付) もうダメかと思っていました ノーベル賞に最も近い業績といわれ続けて数十年 発表されてからこれまでの理論物理学とりわけ素…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5億年前の日本最古の地層発見

茨城大学理学部や国立極地研究所(NIPR)の研究チームが茨城県日立市北部の山地で約5億年前にできた日本最古の地層(火山岩)を発見した  (20日付) これまで 日本最古の地層は岐阜県の飛騨山脈のオルドビス紀(4.9~4.4億年前)だったということで 今回の発見でさらに時代がさかのぼるという 私の数多くのつまらないコレクシ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

超巨大ブラックホールとLHCの超極小ブラックホール

少し よそ見をしていたら 宇宙のかなたでとんでもないものが 観測されたという 今年の4月の話で恐縮ですが 地球から35億光年(いうまでもないが 光の速さで35億年かかる距離)離れたところに なんと 太陽の180億倍(いうまでもないが 太陽の180億倍の重さ)の質量をもつブラックホールの存在が 観測されたという しかも そのブラックホー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀河の衝突  宇宙で何が起こっているのやら・・・

毎回 その衝撃的かつ素晴らしい画像を楽しみにしている ハッブル宇宙望遠鏡が 最新の宇宙画像を配信してくれました                         ハッブル宇宙望遠鏡      NASA ESA 時事通信 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した銀河同士が衝突している写真  右側の写真はりゅう座(北半球)にある左の小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ケンタウルスAの巨大ブラックホールとジェット

地球から比較的に近いとされている星雲のひとつケンタウルスA (近いといっても1000万光年以上もあります) ハッブル宇宙望遠鏡のおかげで この星雲のことがよくわかるように なりましたが なんといっても ふたつの星雲(銀河)が衝突して 凄いことになっている・・・ つまり 小型の渦巻き銀河が大型の楕円銀河と衝突して その衝突によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーコンピューター何処にゆく

独立行政法人が今 とかく問題にされていますが 独立行政法人理化学研究所が 2006年から始めている 「世界最高性能のスパコン作るぞー!」事業はどのくらい進んでいるのかしら? 1154億円の予算を投じて 毎秒10ペタフロップスの演算処理が出来る 次世代スパコンを平成12年までに稼動するというのだが・・・・・ 10ペタフロップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルマーの最終定理を読む

経済協力開発機構(OECD)が2006年に 世界の15歳を対象に実施した 国際学習到達度調査(略称PISA)で 日本が理数系の分野でトップレベルから転落した 文部科学省は5日、現在改定作業を進めている次期学習指導要領について  理科と算数・数学の内容の一部を前倒しして 2009年度から実施する方針を固めた         …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Newtonを買って読む

先日の日曜日 朝から 天気がよかった・・・ 何もせずにボーッと昼まで家に居たが 家人に鬱陶しがられて しかたなく 近くの本屋へ出かけて Newton2008年1月号を買って コーヒーショップで読み始めた テーマは「次元とは何か?」です  次元大介とは違います 一次元とか二次元 三次元までなら 頭の悪い私でもなんとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冥王星 何処へ

太陽系の9番目の惑星とされてきた冥王星が"降格"し 太陽系惑星が8個になることが決まった  チェコのプラハで開かれた国際天文学連合(IAU)総会最終日の24日 「太陽系惑星の定義」ついて投票による採択が行われた 採択された新しい定義では 太陽系惑星は水金地火木土天海の8個に限定される  1930年に発見された冥王星が惑星の地位を失っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最近のコメント

過去ログ

QRコード